2018年6月5日火曜日

イベント出展のお知らせ(富士の国やまなし 第15回Mt.富士ヒルクライム)

6月9日(土)、10日(日)に山梨県富士吉田市の富士北麓公園で開催される「富士の国やまなし 第15回Mt.富士ヒルクライム」にブース出展しますので、お知らせいたします。



今年で15回目を迎える日本最大級のヒルクライムレースに試乗車をご用意いたします。山をバックに走るにはマウンテンバイク乗りのためのロードバイクもユーザーの遊び心を満たしてくれるはず。そんなバイク「アドベンチャーロード」をお試しできるチャンスです!FUJIブース内で皆様のお越しをお待ちしております。

富士の国やまなし 第15回Mt.富士ヒルクライム
<ブース出展・試乗会情報>
日時:2018年6月9日(土) 11:00〜18:00
   10日(日) 早朝〜14:00頃
会場:富士北麓公園(山梨県富士吉田市) *Link → アクセス
   *FUJIブースにおいて出展いたします
主催:Mt.富士ヒルクライム大会実行委員会
*Link → 公式サイト


当日ご用意するBRTEEZERの試乗車は以下のとおりです。
*車体画像はイメージです。実際の試乗車の仕様とは異なります *車体画像クリックで拡大

INVERSION Link → スペック等詳細
舗装された道が目の前からなくなった時、そこには新しいライドの楽しみが待っている。
Inversionは、マウンテンバイク乗りのためのロードバイクといってもいい。ハイドロフォーミングにより成型される専用D'FUSION TUBINGを用いてスムースウェルドされたダブルバテッドクロモリフレームは、高度な技術でフレーム成型後に熱処理されることで剛性と快適性を高次元で両立。142×12mmスルーアクスル用に改良したBREEZE-IN DROPOUTS、ディスクブレーキマウントにはAPEX DISC MOUNTなどBREEZER独自のテクノロジーを盛り込み、前後フェンダー・ラックマウントや3ヶ所(フォークも含めると計5ヶ所!)のボトルケージマウントを備え、どちらの完成車グレードも油圧ディスクブレーキ搭載の全方位型ドロップバーアドベンチャーバイクだ。フォークはフルカーボン仕様で、その並外れた剛性はあらゆる地形やスピード域に対して安定したハンドリングをもたらす。タイヤクリアランスは38Cまで装着できるように設計されており、CNC切削された長めの上下異径テーパーヘッドチューブとD'FUSION TUBINGとの調和により友達とロードを走る時でも、シクロクロスレースやグラベルレースで走るときでも、常に最適な乗り心地を提供する。
Inversionは「ロード」バイクという概念を壊していくはずだ。

INVERSION PRO
試乗車Sizes:48cm、試乗車Color:Gloss Gray / Charcoal and Yellow

RADAR Link → スペック等詳細
Radarに乗って、行きたいところ、思いつくままにタイヤを転がしてみてほしい。
ダブルバテッドのクロモリで構成されるフレームとフォークには、ラックマウントはもちろんのこと全部で5つものボトルゲージ台座が装備。 また、全グレードディスクブレーキ仕様でホイールの自由度も高く、最大で2.1インチのオフロードタイヤを装着することも可能なタイヤクリアランスがある。フロントフォークのブレーキマウントには調整のしやすいISマウントが採用されている。 リアスプロケットはワイドレンジでフロントは48×32のチェーンリングを採用し、急な登り坂や下り、また目一杯荷物を積んだ状態であっても最適なギア調整が可能になっている。 Radarという選択肢は、街乗りから本格的なバイクパッキングまであらゆるシチュエーションをカバーする最適なチョイスになるだろう。
Radarはあなたをあらゆる場所へ連れて行ってくれる最高の相棒だ。

RADAR EXPERT
試乗車Sizes:48cm、試乗車Color:Matte Green / Hunter Orange



*ご用意する試乗車および展示車は事情により変更になる場合があります。
*イベントの詳細については、イベント公式サイトをご覧ください。