2019年4月17日水曜日

試乗会のお知らせ(自転車屋 ちゅう吉福山店)

ゴールデンウィークのうち5日間、広島県福山市の自転車屋 ちゅう吉福山店においてBREEZER 2019年モデル試乗会が開催されますので、お知らせいたします。



ツーリングやキャンプなど、アウトドアを楽しめる季節がやってきました。そんな楽しみを求める方へのお勧めのバイクがゴールデンウィーク期間中に広島県福山市の自転車屋 ちゅう吉福山店で試乗いただけます。日常に使うロードバイクでは道路走行が不安という方にも、アドベンチャーロードなら通勤や街乗りバイクとしても安心してバイクライドをお楽しみいただけます。この機会にぜひBREEZERの世界観を味わいにお越しください。

日程:2019年4月28日(日)〜29日(月祝)、5月4日(土)〜6日(月祝)の5日間
場所:自転車屋 ちゅう吉福山店
   広島県福山市神辺町道上2855-8 *Link → 店舗情報・アクセス


期間中ご用意する試乗車は以下のとおりです。
*車体画像はイメージです。実際の試乗車の仕様とは異なります *車体画像クリックで拡大

DOPPLER Link → スペック等詳細
どれだけ荷物を積んでも落ち着きがあって、決して安定感を失わない懐の深さ。
Dopplerは650Bホイールを搭載したブルベやツーリングにより適したモデルだ。650Bはブルベ好きの中ではここ10年のあいだ秘密裏に愛用されてきたが、グラベル走行においてはここ最近のトレンドとなった。650Bは700Cに比べ十分なエアボリュームを与えることができ、エアクッション効果と荒れた路面での優れたトラクションに明らかな利点があるためだ。つまり、650B×47Cは700×28Cとほぼ同じ外径となるが、倍近いエアボリュームが得られることになる。特に標準装備となるWTB HORIZONは、ロードタイヤながらグラベルでの高い走破性が特徴。また、リムの直径が小さくなることでスポーク長も短縮できることから重装備ツーリングや荒れた路面での走行に対して理想的なホイール剛性を与えられると言える。フレーム設計はInversionやRadarと比べてよりトラディショナルなジオメトリとなっており、ツーリングに焦点を当てたドライブトレーンと融合することで優れた安定性をもたらす。Dopplerは、重い荷物はもちろん、荒れた路面による振動も、身勝手なライダーの行き先も、すべて受け止めてくれる。

DOPPLER PRO
試乗車Sizes:52cm、試乗車Color:Red/silver

DOPPLER CAFÉ
試乗車Sizes:49cm、試乗車Color:Copper metallic w/ black

RADAR Link → スペック等詳細
Radarに乗って、行きたいところ、思いつくままにタイヤを転がしてみてほしい。
ダブルバテッドのクロモリで構成されるフレームとフォークには、ラックマウントはもちろんのこと全部で5つものボトルゲージ台座が装備。また、全グレードディスクブレーキ仕様でホイールの自由度も高く、最大で2.1インチのオフロードタイヤを装着することも可能なタイヤクリアランスがある。フロントフォークのブレーキマウントには調整のしやすいISマウントが採用されている。リアスプロケットはワイドレンジでフロントは46×30のチェーンリングを採用し、急な登り坂や下り、また目一杯荷物を積んだ状態であっても最適なギア調整が可能になっている。Radarという選択肢は、街乗りから本格的なバイクパッキングまであらゆるシチュエーションをカバーする最適なチョイスになるだろう。Radarはあなたをあらゆる場所へ連れて行ってくれる最高の相棒だ。

RADAR PRO
試乗車Sizes:48cm、試乗車Color:Marine blue w/ black

RADAR CAFÉ
試乗車Sizes:48cm、試乗車Color:Iron gray w/ red


*ご用意する試乗車は事情により変更になる場合があります。
*試乗会の詳細については、自転車屋 ちゅう吉福山店までお問い合わせください。

2019年4月9日火曜日

試乗会のお知らせ(サイクルスタヂオハクセン 2nd店)

4月13日(土)、14日(日)の2日間、東京都台東区のサイクルスタヂオハクセン 2nd店においてFUJI BREEZER合同の2019 New Model試乗会が開催されますので、お知らせいたします。



自転車のメッカ東京・御徒町で60年以上にわたり店舗を構えているサイクルスタヂオハクセン。今回は本店の向かいで2010年より営業している2nd店主催の試乗会となります。

日時:2019年4月13日(土)12:00-17:00、14日(日)12:00-16:30
場所:サイクルスタヂオハクセン 2nd店
   東京都台東区台東4-18-7 *Link → アクセス
*Link → ハクセン試乗会告知


当日ご用意するBREEZERの試乗車は以下のとおりです。
*車体画像はイメージです。実際の試乗車の仕様とは異なります *車体画像クリックで拡大

DOPPLER Link → スペック等詳細
どれだけ荷物を積んでも落ち着きがあって、決して安定感を失わない懐の深さ。
Dopplerは650Bホイールを搭載したブルベやツーリングにより適したモデルだ。650Bはブルベ好きの中ではここ10年のあいだ秘密裏に愛用されてきたが、グラベル走行においてはここ最近のトレンドとなった。650Bは700Cに比べ十分なエアボリュームを与えることができ、エアクッション効果と荒れた路面での優れたトラクションに明らかな利点があるためだ。つまり、650B×47Cは700×28Cとほぼ同じ外径となるが、倍近いエアボリュームが得られることになる。特に標準装備となるWTB HORIZONは、ロードタイヤながらグラベルでの高い走破性が特徴。また、リムの直径が小さくなることでスポーク長も短縮できることから重装備ツーリングや荒れた路面での走行に対して理想的なホイール剛性を与えられると言える。フレーム設計はInversionやRadarと比べてよりトラディショナルなジオメトリとなっており、ツーリングに焦点を当てたドライブトレーンと融合することで優れた安定性をもたらす。Dopplerは、重い荷物はもちろん、荒れた路面による振動も、身勝手なライダーの行き先も、すべて受け止めてくれる。

DOPPLER CAFÉ
試乗車Sizes:49cm、試乗車Color:Copper metallic w/ black

RADAR Link → スペック等詳細
Radarに乗って、行きたいところ、思いつくままにタイヤを転がしてみてほしい。
ダブルバテッドのクロモリで構成されるフレームとフォークには、ラックマウントはもちろんのこと全部で5つものボトルゲージ台座が装備。また、全グレードディスクブレーキ仕様でホイールの自由度も高く、最大で2.1インチのオフロードタイヤを装着することも可能なタイヤクリアランスがある。フロントフォークのブレーキマウントには調整のしやすいISマウントが採用されている。リアスプロケットはワイドレンジでフロントは46×30のチェーンリングを採用し、急な登り坂や下り、また目一杯荷物を積んだ状態であっても最適なギア調整が可能になっている。Radarという選択肢は、街乗りから本格的なバイクパッキングまであらゆるシチュエーションをカバーする最適なチョイスになるだろう。Radarはあなたをあらゆる場所へ連れて行ってくれる最高の相棒だ。

RADAR EXPERT
試乗車Sizes:48cm、試乗車Color:Black & tan

RADAR CAFÉ
試乗車Sizes:45cm、試乗車Color:Iron gray w/ red



*ご用意する試乗車は事情により変更になる場合があります。
*試乗会の詳細については、サイクルスタヂオハクセン 2nd店までお問い合わせください。

2019年3月22日金曜日

イベント出展のお知らせ(NAGOYA Cycle Sports Days)

4月6日(土)・7日(日)に名古屋で開催される「NAGOYA Cycle Sports Days」にブース出展しますので、お知らせいたします。



2018年まで5年間実施された「名古屋サイクルトレンド」が「NAGOYA Cycle Sports Days」としてパワーアップ!場所をポートメッセからイオンモール熱田へ移し、”スポーツサイクルの展示・試乗・販売”のコンセプトはそのままに、「NAGOYAオートトレンド」から独立した、スポーツサイクルだけのイベントにリニューアルします。 ロードバイク・MTB・クロスバイク・ミニベロや、eバイクなどが多数試乗できるだけでなく、ホイール・ウエア・ヘルメット・シューズなどのパーツアクセサリーブランドも勢揃い。 スポーツサイクルを体感できる絶好の自転車イベントです。

日 時:2019年4月6日(土)10:00~17:00、7日(日)10:00~16:00
場 所:イオンモール熱田(東平面駐車場/屋外)
    愛知県名古屋市熱田区六野1丁目2-11 *Link → アクセス
入場料:前売 900円(税込)、当日 1,200円(税込)
主 催:名古屋サイクルスポーツデイズ実行委員会
問合せ:TEL 03-3552-7575 (株)八重洲出版内(平日10:00~17:00)
*BREEZERの試乗車はFUJIテントのブースにご用意します。BREEZERのフラッグを目印にお越しください。
*Link → NAGOYA Cycle Sports Days 公式サイト


当日ご用意するBREEZERの試乗車は以下のとおりです。グラベルロードやマウンテンバイクなどクロモリにこだわり最新のトレンドを取り入れたBREEZERの自転車をぜひご体感ください。またBREEZERオリジナルグッズの販売も予定していますので、早めにお立ち寄りください。
*車体画像はイメージです。実際の試乗車の仕様とは異なります *車体画像クリックで拡大

DOPPLER Link → スペック等詳細
どれだけ荷物を積んでも落ち着きがあって、決して安定感を失わない懐の深さ。
Dopplerは650Bホイールを搭載したブルベやツーリングにより適したモデルだ。650Bはブルベ好きの中ではここ10年のあいだ秘密裏に愛用されてきたが、グラベル走行においてはここ最近のトレンドとなった。650Bは700Cに比べ十分なエアボリュームを与えることができ、エアクッション効果と荒れた路面での優れたトラクションに明らかな利点があるためだ。つまり、650B×47Cは700×28Cとほぼ同じ外径となるが、倍近いエアボリュームが得られることになる。特に標準装備となるWTB HORIZONは、ロードタイヤながらグラベルでの高い走破性が特徴。また、リムの直径が小さくなることでスポーク長も短縮できることから重装備ツーリングや荒れた路面での走行に対して理想的なホイール剛性を与えられると言える。フレーム設計はInversionやRadarと比べてよりトラディショナルなジオメトリとなっており、ツーリングに焦点を当てたドライブトレーンと融合することで優れた安定性をもたらす。Dopplerは、重い荷物はもちろん、荒れた路面による振動も、身勝手なライダーの行き先も、すべて受け止めてくれる。

DOPPLER PRO
試乗車Sizes:54cm、試乗車Color:Red/silver

RADAR Link → スペック等詳細
Radarに乗って、行きたいところ、思いつくままにタイヤを転がしてみてほしい。
ダブルバテッドのクロモリで構成されるフレームとフォークには、ラックマウントはもちろんのこと全部で5つものボトルゲージ台座が装備。また、全グレードディスクブレーキ仕様でホイールの自由度も高く、最大で2.1インチのオフロードタイヤを装着することも可能なタイヤクリアランスがある。フロントフォークのブレーキマウントには調整のしやすいISマウントが採用されている。リアスプロケットはワイドレンジでフロントは46×30のチェーンリングを採用し、急な登り坂や下り、また目一杯荷物を積んだ状態であっても最適なギア調整が可能になっている。Radarという選択肢は、街乗りから本格的なバイクパッキングまであらゆるシチュエーションをカバーする最適なチョイスになるだろう。Radarはあなたをあらゆる場所へ連れて行ってくれる最高の相棒だ。

RADAR EXPERT
試乗車Sizes:45cm、試乗車Color:Black & tan

RADAR CAFÉ
試乗車Sizes:48cm、試乗車Color:Iron gray w/ red



*ご用意する試乗車は事情により変更になる場合があります。
*イベントの詳細については、NAGOYA Cycle Sports Days 公式サイトをご覧ください。

2019年3月14日木曜日

イベントのお知らせ(URBAN BIKELORE OSAKA)

3月30日(土)・31日(日)に大阪梅田 うめきた2期区域 特設会場で開催されるアーバンバイクロア大阪においてBREEZERの試乗車にお乗りいただけますので、お知らせいたします。



大人も子供も、誰もが参加できる「自転車の運動会」と「自転車の文化祭」をミックスして行われる自転車イベント“バイクロア”が梅田のど真ん中で開催!!

バイクロアはこれまで関東を中心に開催されてきましたが、ついに大阪★梅田グランフロントの目前にある開発地で、初めてのアーバンスタイルのイベントとして開催されます。うめきた2期工事区域内に特別に設けられた4-500m前後の周回コースで行うシクロクロスレースのほか、自転車にまつわる各種展示や催しもの、アウトドアでの美味しい食事や、ワークショップなど、 レース参加や観戦以外でも存分にお楽しみいただけます。桜咲き誇る、春真っ只中の大阪でバイクロアを楽しみましょう!家族や友達と是非遊びに来てください!

日時:2019年3月30日(土)・31日(日)
会場:大阪梅田 うめきた2期区域 特設会場 *Link → アクセス
主催:バイクシティさいたま / バイクロア実行委員会
後援:大阪市,大阪市教育委員会,一般社団法人うめらく
*Link → URBAN BIKELORE OSAKA公式サイト


BREEZERの試乗車は、京都のサイクルショップeirin丸太町店の別館として展開する「アウトドア」x「自転車」をテーマとしたコンセプトショップ【サイクルハテナ】と、ロサンゼルスを拠点とするハンドメイドバッグブランド【ROAD RUNNER BAGS / ロードランナーバッグ】の共同出展ブースにご用意いたします。
*Link → サイクルハテナ(eirin丸太町店別館)出展告知



当日ご用意するBREEZERの試乗車は以下のとおりです。
*車体画像はイメージです。実際の試乗車の仕様とは異なります *車体画像クリックで拡大

DOPPLER Link → スペック等詳細
どれだけ荷物を積んでも落ち着きがあって、決して安定感を失わない懐の深さ。
Dopplerは650Bホイールを搭載したブルベやツーリングにより適したモデルだ。650Bはブルベ好きの中ではここ10年のあいだ秘密裏に愛用されてきたが、グラベル走行においてはここ最近のトレンドとなった。650Bは700Cに比べ十分なエアボリュームを与えることができ、エアクッション効果と荒れた路面での優れたトラクションに明らかな利点があるためだ。つまり、650B×47Cは700×28Cとほぼ同じ外径となるが、倍近いエアボリュームが得られることになる。特に標準装備となるWTB HORIZONは、ロードタイヤながらグラベルでの高い走破性が特徴。また、リムの直径が小さくなることでスポーク長も短縮できることから重装備ツーリングや荒れた路面での走行に対して理想的なホイール剛性を与えられると言える。フレーム設計はInversionやRadarと比べてよりトラディショナルなジオメトリとなっており、ツーリングに焦点を当てたドライブトレーンと融合することで優れた安定性をもたらす。Dopplerは、重い荷物はもちろん、荒れた路面による振動も、身勝手なライダーの行き先も、すべて受け止めてくれる。

DOPPLER CAFÉ
試乗車Sizes:49cm、試乗車Color:Copper metallic w/ black

RADAR Link → スペック等詳細
Radarに乗って、行きたいところ、思いつくままにタイヤを転がしてみてほしい。
ダブルバテッドのクロモリで構成されるフレームとフォークには、ラックマウントはもちろんのこと全部で5つものボトルゲージ台座が装備。また、全グレードディスクブレーキ仕様でホイールの自由度も高く、最大で2.1インチのオフロードタイヤを装着することも可能なタイヤクリアランスがある。フロントフォークのブレーキマウントには調整のしやすいISマウントが採用されている。リアスプロケットはワイドレンジでフロントは46×30のチェーンリングを採用し、急な登り坂や下り、また目一杯荷物を積んだ状態であっても最適なギア調整が可能になっている。Radarという選択肢は、街乗りから本格的なバイクパッキングまであらゆるシチュエーションをカバーする最適なチョイスになるだろう。Radarはあなたをあらゆる場所へ連れて行ってくれる最高の相棒だ。

RADAR PRO
試乗車Sizes:48cm、試乗車Color:Marine blue w/ black

RADAR EXPERT
試乗車Sizes:45cm、試乗車Color:Black & tan



*ご用意する展示車は事情により変更になる場合があります。
*イベントの詳細については、URBAN BIKELORE OSAKA公式サイトをご覧ください。

2019年2月28日木曜日

イベント出展のお知らせ(TOKYO OUTDOOR WEEKEND 2019)

3月16日(土)・17日(日)の2日間、お台場で開催される「TOKYO OUTDOOR WEEKEND 2019」にブース出展しますので、お知らせいたします。



最新キャンプギアやウエア、美味しいソト飯、おしゃれアウトドアスタイルまで、完全網羅の都市型アウトドアイベント「TOKYO OUTDOOR WEEKEND」が今年も開催!3月16日(土)、17日(日)の2日間、お台場の特設会場にて、ショッピングあり、ライブあり、ワークショップありと、コンテンツ盛りだくさんのイベントです。

日時:2019年3月16日(土)、17日(日) 10:00〜17:00
会場:お台場特設会場
   東京都江東区青海臨時駐車場P区画(東京都江東区青海1丁目1) *Link → アクセス
入場料:前売700円、当日1000円、中高生500円、ほか
主催:TOKYO OUTDOOR SHOW 実行委員会
企画・運営:三栄書房 / アースガーデン
協力媒体:GO OUT
後援:国土交通省 観光庁、J-WAVE


当日BREEZERブースにご用意する試乗車は以下のとおりです。BREEZERはFUJIと合同出展していますのでFUJIのテントとBREEZERのフラッグを目印にお越しください。
*車体画像はイメージです。実際の試乗車の仕様とは異なります *車体画像クリックで拡大

DOPPLER Link → スペック等詳細
どれだけ荷物を積んでも落ち着きがあって、決して安定感を失わない懐の深さ。
Dopplerは650Bホイールを搭載したブルベやツーリングにより適したモデルだ。650Bはブルベ好きの中ではここ10年のあいだ秘密裏に愛用されてきたが、グラベル走行においてはここ最近のトレンドとなった。650Bは700Cに比べ十分なエアボリュームを与えることができ、エアクッション効果と荒れた路面での優れたトラクションに明らかな利点があるためだ。つまり、650B×47Cは700×28Cとほぼ同じ外径となるが、倍近いエアボリュームが得られることになる。特に標準装備となるWTB HORIZONは、ロードタイヤながらグラベルでの高い走破性が特徴。また、リムの直径が小さくなることでスポーク長も短縮できることから重装備ツーリングや荒れた路面での走行に対して理想的なホイール剛性を与えられると言える。フレーム設計はInversionやRadarと比べてよりトラディショナルなジオメトリとなっており、ツーリングに焦点を当てたドライブトレーンと融合することで優れた安定性をもたらす。Dopplerは、重い荷物はもちろん、荒れた路面による振動も、身勝手なライダーの行き先も、すべて受け止めてくれる。

DOPPLER PRO
試乗車Sizes:52cm、試乗車Color:Red/silver

RADAR Link → スペック等詳細
Radarに乗って、行きたいところ、思いつくままにタイヤを転がしてみてほしい。
ダブルバテッドのクロモリで構成されるフレームとフォークには、ラックマウントはもちろんのこと全部で5つものボトルゲージ台座が装備。また、全グレードディスクブレーキ仕様でホイールの自由度も高く、最大で2.1インチのオフロードタイヤを装着することも可能なタイヤクリアランスがある。フロントフォークのブレーキマウントには調整のしやすいISマウントが採用されている。リアスプロケットはワイドレンジでフロントは46×30のチェーンリングを採用し、急な登り坂や下り、また目一杯荷物を積んだ状態であっても最適なギア調整が可能になっている。Radarという選択肢は、街乗りから本格的なバイクパッキングまであらゆるシチュエーションをカバーする最適なチョイスになるだろう。Radarはあなたをあらゆる場所へ連れて行ってくれる最高の相棒だ。

RADAR EXPERT
試乗車Sizes:45cm、試乗車Color:Black & tan



*ご用意する試乗車は事情により変更になる場合があります。
*イベントの詳細については、TOKYO OUTDOOR WEEKEND 2019 公式サイトをご覧ください。

2019年2月27日水曜日

イベント出展のお知らせ(熊本市 西区アウトドアフェスタ)

3月16日(土)・17日(日)の2日間、熊本市で開催される西区アウトドアフェスタにブース出展しますので、お知らせいたします。



今年第4回となる西区フェスタの一環で、白川右岸河川敷(通称かわまち)においてアウトドアに特化したイベント「西区アウトドアフェスタ」が初開催。テント、タープ、その他キャンプ用品のコーナーと並んで自転車(ロードバイクやマウンテンバイクなどのスポーツバイク)のコーナーが用意されます。パドルサップやカヤックでの白川下りなど、楽しいアクティビティーも予定されていますので、1日中お楽しみください。

西区アウトドアフェスタ
日時:2019年3月16日(土)・17日(日) 10:00〜17:00
会場:熊本県熊本市 白川右岸河川敷(通称かわまち)
主催:西区にぎわいづくり実行委員会

(熊本市西区役所 区報 2019年3月号より抜粋)  


当日BREEZERブースにご用意する試乗車は以下のとおりです。
*車体画像はイメージです。実際の試乗車の仕様とは異なります *車体画像クリックで拡大

INVERSION Link → スペック等詳細
舗装された道が目の前からなくなった時、そこには新しいライドの楽しみが待っている。
Inversionは、マウンテンバイク乗りのためのロードバイクといってもいい。ハイドロフォーミングにより成型される専用D’FUSION TUBINGを用いてスムースウェルドされたダブルバテッドクロモリフレームは、高度な技術でフレーム成型後に熱処理されることで剛性と快適性を高次元で両立。142×12mmスルーアクスル用に改良したBREEZE-IN DROPOUTSなどBREEZER独自のテクノロジーを盛り込み、前後フェンダー・ラックマウントや3ヶ所(フォークも含めると計5ヶ所!)のボトルケージマウントを備え、どちらの完成車グレードも油圧ディスクブレーキ搭載の全方位型ドロップバーアドベンチャーバイクだ。今年度より前後フラットマウント、フォークはフルカーボン仕様で、その並外れた剛性はあらゆる地形やスピード域に対して安定したハンドリングをもたらす。タイヤクリアランスは38Cまで装着できるように設計されており、CNC切削された長めの上下異径テーパーヘッドチューブとD’FUSION TUBINGとの調和により友達とロードを走る時でも、シクロクロスレースやグラベルレースで走るときでも、常に最適な乗り心地を提供する。Inversionは「ロード」バイクという概念を壊していくはずだ。

INVERSION TEAM
試乗車Sizes:48cm、試乗車Color:Smoke & obsidian gray w/ white

DOPPLER Link → スペック等詳細
どれだけ荷物を積んでも落ち着きがあって、決して安定感を失わない懐の深さ。
Dopplerは650Bホイールを搭載したブルベやツーリングにより適したモデルだ。650Bはブルベ好きの中ではここ10年のあいだ秘密裏に愛用されてきたが、グラベル走行においてはここ最近のトレンドとなった。650Bは700Cに比べ十分なエアボリュームを与えることができ、エアクッション効果と荒れた路面での優れたトラクションに明らかな利点があるためだ。つまり、650B×47Cは700×28Cとほぼ同じ外径となるが、倍近いエアボリュームが得られることになる。特に標準装備となるWTB HORIZONは、ロードタイヤながらグラベルでの高い走破性が特徴。また、リムの直径が小さくなることでスポーク長も短縮できることから重装備ツーリングや荒れた路面での走行に対して理想的なホイール剛性を与えられると言える。フレーム設計はInversionやRadarと比べてよりトラディショナルなジオメトリとなっており、ツーリングに焦点を当てたドライブトレーンと融合することで優れた安定性をもたらす。Dopplerは、重い荷物はもちろん、荒れた路面による振動も、身勝手なライダーの行き先も、すべて受け止めてくれる。

DOPPLER TEAM
試乗車Sizes:52cm、試乗車Color:Olive green metallic w/ cream

DOPPLER PRO
試乗車Sizes:52cm、試乗車Color:Red/silver

DOPPLER CAFÉ
試乗車Sizes:49cm、試乗車Color:Copper metallic w/ black

RADAR Link → スペック等詳細
Radarに乗って、行きたいところ、思いつくままにタイヤを転がしてみてほしい。
ダブルバテッドのクロモリで構成されるフレームとフォークには、ラックマウントはもちろんのこと全部で5つものボトルゲージ台座が装備。また、全グレードディスクブレーキ仕様でホイールの自由度も高く、最大で2.1インチのオフロードタイヤを装着することも可能なタイヤクリアランスがある。フロントフォークのブレーキマウントには調整のしやすいISマウントが採用されている。リアスプロケットはワイドレンジでフロントは46×30のチェーンリングを採用し、急な登り坂や下り、また目一杯荷物を積んだ状態であっても最適なギア調整が可能になっている。Radarという選択肢は、街乗りから本格的なバイクパッキングまであらゆるシチュエーションをカバーする最適なチョイスになるだろう。Radarはあなたをあらゆる場所へ連れて行ってくれる最高の相棒だ。

RADAR PRO
試乗車Sizes:48cm、試乗車Color:Marine blue w/ black

RADAR EXPERT
試乗車Sizes:45cm、試乗車Color:Black & tan

RADAR CAFÉ
試乗車Sizes:48cm、試乗車Color:Iron gray w/ red

LIGHTNING Link → スペック等詳細
BREEZERが誇るアイコニックなバイクは、より洗練されたトレイルマシンとして大きく進化した。日本製のダブルバテッドクロモリ管を採用し、148㎜ブースト規格リアハブ用に設計されたリアエンドにはスルーアクスル用に新設計されたドロップアウトが設けられ、上下異径テーパーヘッドチューブ、インターナルシフトケーブルルーティングなど如何にスチールが軽くて頑丈で弾力性に富んだフレームを作る上で秀逸なマテリアルか再確認させてくれる。438㎜のチェーンステーは比較的短いながらも27.5+、29インチタイヤの装着に十分なクリアランスを与え、120mmトラベルのサスペンションフォーク用に設計された長く緩やかにスローピングするフロントトライアングルは走行安定性と高速走行やテクニカルなトレイルの下りコースにおいて操縦性と信頼性を高める。

LIGHTNING 29 TEAM
試乗車Sizes:16"、試乗車Color:Storm gray w/ orange


*ご用意する展示車は事情により変更になる場合があります。
*イベントの詳細については、しゃりんかんまでお問い合わせください。

2019年2月26日火曜日

KEEP YOUR COOL CAMPAIGN

この度BREEZERでは、先着50名様にKlean Kanteenのワイドインスレートボトルがもれなくプレゼントされるキャンペーンを実施しますので、お知らせいたします。



実施名称:
 KEEP YOUR COOL CAMPAIGN
実施期間:
 2019年3月1日(金)〜3月31日(日)
実施内容:
 キャンペーン期間中に店頭にてご成約のお客様(先着50名様)にKlean Kanteenオリジナルボトル(ワイドインスレートボトル 16oz)をプレゼント
対象製品:
 BREEZER 全モデル


<  Klean Kanteen ワイドインスレートボトル 16oz  >

ワイドインスレートボトル 16ozはホットコーヒーやホットティー、その他のお好みの冷たい飲み物を入れる為のベストなステンレスボトルです。ステンレス ループキャップが付属しており、Climate Lock™高性能ダブルウォールの真空断熱構造で、温かい飲み物や冷たい飲み物を安全に持ち運ぶことができます。 クリーンカンティーンのワイドボトルと同様に(そして巷のほとんどの外出用マグカップとは異なり)、このシンプルでエレガントなボトルはとても簡単に洗浄できます。新しいKlean Coat™塗装は今までの私たちのカラーボトルの塗装の4倍の耐久性を持ち、チップレジスタントの高い耐久性で、人にも環境にも安全です。

・10時間保温、30時間保冷
・18/8 ステンレススチール素材
・Climate Lock™ダブルウォールの真空断熱構造により、温かいお飲み物は高温に保ち、冷たいお飲み物は低温に保ちます
・Klean Coat™ 従来のパウダーコートと比べ4倍の強度で、従来の塗装と変わらず人と環境を第一に考えた成分を使用
・内側は電解研磨が施こされ、有害な製造工程はなく、湾曲したコーナーの仕上げでお手入れも簡単です
・ステンレス ループキャップを含むすべてのワイドキャップに適合
・全ての保温保冷機能付き製品には手洗いをおすすめします
・ステンレス ループキャップを含めボトル内部には100%ステンレスの環境が作り出され、飲み物がプラスチックに触れることはありません

・容量:473ml
・サイズ:H22cm×7.5φcm
・注ぎ口口径:54 mm
・本体材質:18/8ステンレススチール
・キャップ材質:ポリプロピレン(BPAフリー)


当キャンペーンの詳細については、最寄りのBREEZER正規代理店へお問い合わせください。
*Link → BREEZER認定ディーラーリスト